当たり前のマナーを守ろう

飲みすぎないこと

基本的にキャバクラではお酒を飲んで、キャバ嬢と会話を楽しみます。
お酒を飲みすぎると酔っ払って、気持ちが大きくなりキャバ嬢に絡む恐れがあるので注意してください。
自分がお酒に弱いとわかっているなら、飲みすぎないことを心がけましょう。
酔うと言動が荒くなったり、キャバ嬢にセクハラをしたりする人がいます。
キャバ嬢の身体を触ることは、ほとんどのキャバクラで禁止しているのでやってはいけません。

キャバクラに行く前に、自分がどのくらいお酒に耐えられるのか調べましょう。
お酒に弱い人は、無理に飲む必要はありません。
キャバクラでは、ウーロン茶などのソフトドリンクも用意しています。
お酒に弱い人は遠慮せずに、ソフトドリンクが良いと伝えましょう。

あまりにもひどい場合

キャバクラにも、客を選ぶ権利があります。
特にマナー違反が多くてキャバ嬢が安全に働けないとわかったら、出入り禁止にするなどの措置を取ることが多いです。
気に入っているお店を出入り禁止にならないように、しっかりとマナーを調べましょう。
もし今利用しているキャバクラが出入り禁止になったら、他のキャバクラに行けば良いと考えている人が見られます。

意外とキャバクラはお店同士の繋がりが強く情報を共有しています。
自分が他のキャバクラでトラブルを起こしたことが噂になって、入店を断られるかもしれません。
周辺のブラックリストに入るかもしれないので、最初からトラブルを起こさないよう、気を付けながらキャバクラを使いましょう。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c